楽天市場とパンダの夢のコラボ広告。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

誕生日でした

久しぶりにタイで迎える誕生日。

2011年・2012年・2013年・2014年はタイで迎え、
2015年と2016年は日本。
2016年については確か9月11日までタイにいて、その後日本に戻ったんだよね。
ある意味、誤差の範囲。

年齢不詳っぽく見られるのだが、確実に老いを感じる。(特に頭皮)
ということでタイでお決まりの過ごし方は、病院。
誕生日ぐらい体をいたわり、健康を維持したいのだ。

ここんところずっと腹痛に悩まされていたので
国際病院に行って、胃腸科を受診。
色々見てもらった結果、どうやら過敏性腸症候群みたい。
この私が?!他人に無頓着でストレスフリーの私が?!
まあお医者さんの言うことだし…とキャッシャーに向かうと
X線検査と尿検査で7,700バーツ(約2万5千円)で憤慨。
家賃より高いやん!

すっかり物欲のなくなった誕生日でした。
スポンサーサイト

オラ東京さ行っただ

21日から24日まで東京でした。
タイ大使館でvisaを取るための貧乏旅行。

出発日は福岡は数週間ぶりの雨で、東京の天気は大荒れ。
「引き返す可能性がある」と言われて慌てて2時間早めてもらったが
本当の到着予定時刻は強風で、きっと着陸困難だったと思われるので
自分の判断は正しかったと思う。

で、翌22日の大使館ではさくっと15分くらいでビザの発給が決まって拍子抜け。
これが学生ビザの力か…道理でみんな学生ビザで入国してくるわけだわ。

タイビザは、申請した翌日昼に受け取りなのだが
23日は体調が絶不調で(飛行機酔い+食べ過ぎ+カプセルホテルでの気疲れ)
あまり東京を楽しめず。

最終日24日は未来館での博士キャリアフォーラムに参加して
羽田空港で友達とマターリ過ごした。
「来るときに雨でさー、長靴持ってきちゃったよw」なんて話していたら
実は福岡の天気が大雨でとんでもないことになっており
飛行機は揺れるは視界不良だはで、着陸寸前まで気が抜けなかった。

そんな感じの旅だったけど
泊まったカプセルホテルの風呂が朝でも夜でもいつでも入れるタイプで
寝汗をかいちゃう自分には本当にありがたかった。
日本のホテルは備品がいっぱいあるから、荷物をもっと減らしても良さそう。ウフフ。

次回の旅は8月4-6日の早稲田(学会で口頭発表)なのだけど、
また同じホテルに泊まる予定。
今回からフライトログブックを始めたので
苦手な飛行機が少しだけ好きになった。いい傾向だ。

航空券の不思議

8月中旬のバンコク行きのチケットを予約した。
ここ1年で大の苦手だった飛行機にも幾分か慣れ
トランジットも、プライオリティパスでラウンジが使えるため
時間を持たせることができるようになった。気がする。


楽天プレミアムカードがあれば、無料でプライオリティパスが作れるよ!

ということで、今回は台湾経由でタイ入りすることに。
乗るのは勿論LCC。タイガーエアさん。

なんやかんやで4万円くらいになったが、まあ8月中旬だし…と思い予約。

すると。

数日後に、なんと3万円台になってるんですよ。
どういうこと?1万円あればタイで何日暮らせると思ってんの?!
一般的に水曜日はチケットが安くなるとは言うけど、1万円も違うって…。
LCCなのでキャンセルもできず、仕方ないのでこのまま乗るけど
チケットの価格については日々チェックして底値を確認したほうがいいなーと思いました。

ちなみに、6月と8月の東京行きチケットについても
値段チェックするたびに上昇するという事態に見舞われ
結局、予算オーバーの金額で泣く泣く購入。
「国内線は早めが吉、国際線は様子を見て」という教訓を得た。

サマープログラムと研究

8月25日から9月12日までタイに行ってました。
指導教員から「タイばっか行ってないで研究しろよドブス」と叱られ
カッと来て協定校のサマープログラムに申し込んだら
あっさりと参加者に選ばれたので、それをダシにタイ訪問です。

プログラム自体はそれほど目新しいものではなかったし
10代・20代の工学部&高専所属学生を中心としたものだったので
むしろ自由時間を楽しむ方向でプランを組みました。

自分の中のクライマックスは
「タイ中部にあるビーチリゾートの高級ホテルを早朝に乗り合いバンで出発し
夕方から元勤務校で行われる上司の退官パーティーに体一つで出席」でした。

本当は9月上旬に南部に授業の参与観察に行く予定だったのが
色々とアレなことが起きてしまい中止になったのが心苦しいのですが
その分、しっかりバンコクの大学の授業に参加してきました。
研究にも役に立つのではないかなぁ~?と信じています。

改めて、私は学生達のことが大好きだと気づいたし
日本語教師をする醍醐味(=「成長した自分の学生を見る」)を堪能できた旅でした。

DSCN1677.jpg

↑一番最初に担当した教え子。
すでに5年、タイのスワンナプーム空港で日本語コンシェルジュをしています。

サマバケ@タイ18日目

ごはん25 796
セブン27 66
交通費10 21 18 19 35
電話代120…4/17まで使用可能
おみやげ198
プレモ594
計1929バーツ

不用品売る→100バーツ
ラビットチャージ30(ポイント)

最後はチャ―ノンさんとランチ。
今回、本当にバンコクに住んでた頃みたいだった。

サマバケ@タイ17日目

交通35 70 30 35 20 100 25 20 20
布253
トイレ5
アクセ200 200
手紙175
セブン30
洗濯70
仕立て1400
おみやげ80
ごはん343
計3111バーツ

ターパコン食べ過ぎや。
チェンマイのアニキと長電話。

サマバケ@タイ16日目

交通費20 21 15 60 15 21
ごはん15 30 28 33 25
お土産 296.5 132.75
計712.25バーツ

両替1万円→3365バーツ

ラムはすごかった。
でも一番すごいのはTさん。365連勤って…。
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
Yes, I am a Amazoness.
プロフィール

indo40

Author:indo40
うおりゃー
勉強しないと蹴るぞー

限定解除するには
HNの1文字目のよみがな+誕生日を入力して下さい。
(よみがな4文字+誕生日4桁)

「分からない!」と思ったら、遠慮なくご一報ください。

検索フォーム
リンク
カウンター
最新コメント
最新トラックバック
FC2アフィリエイト
アフィリエイト・SEO対策
オススメ広告

ネットショッピングといえば。


日本語教師への近道。

訪タイに便利
両替レートのチェックを忘れずに。

安くて便利な海外保険。


タイ語ができなくても
この本があれば大丈夫!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。